アブー・ハッジャージュモスク(19世紀)

ルクソール神殿の屋根の上にあるという理由でルクソールのアブー・ハッジャージュモスクは最も有名である。モスクの多くは19世紀の建築だが、2つのミナレットのうちひとつは11世紀にさかのぼる。ミナレットは日乾レンガからできており、高さ5メートルの方形の基部の上に15メートルに達する先細の円柱の塔がのっている。ミナレットの頂部は2段の窓を持つ高いドーム状の建築となっている。方形の基部は三層からなる木の梁により強化されてり、内側の階段も木でできている。(阪本)